CTはComputed Tomography(コンピューター断層撮影)の略語です。
 体の周囲360°方向からX線を照射し、それをコンピューターにより画像化します。体を傷つけること無く体の内部を観察することができ、病変の場所や形状、性質などの情報を得ることが可能です。また3Dに映像化できるため、飼い主様にもよりわかりやすく説明することができます。
 当院では16列マルチスライスヘリカルCT装置(日立)を設置しており、比較的短時間・低被爆で検査可能です。

ページトップ

検査方法

動物の場合、短時間でも静止できないため、全身麻酔下での検査となります。
また、ほとんどの場合、血管造影が必要となるため血管を確保し造影剤の注入が必要となります。
脊髄の検査の場合は、脊髄造影が必要となります。

ページトップ

適応症例

全身の様々な場所の病気に対応できます。
適応症例については担当獣医師からご説明いたします。
頭蓋内疾患、鼻腔、眼窩、耳などの頭部の疾患。
甲状腺などの頸部疾患。
肺腫瘍などの胸部疾患。
腹腔内腫瘍や門脈シャントなどの腹部疾患。
椎間板疾患。

ページトップ
検査・リハビリセンター・眼科サービス スタッフ募集 担当医表
施設紹介 スタッフ紹介 スタッフ募集 学会発表 白内障について 再生治療について リハビリテーションについて
診療時間