再生医療について

再生医療イメージ

再生医療について

【幹細胞療法】
当院では、先端医療の一つとして再生医療に取り組んでいます。
動物の体内には、様々な器官に分化する細胞が存在し、これは幹細胞と呼ばれます。
幹細胞療法とは、ワンちゃんやネコちゃんの体内から幹細胞を取り出し、体外で培養し数を増やしてから、再び体に戻すことで、失われた機能や怪我などの再生を行う治療法です。

当院で実施している幹細胞療法で用いられる細胞は、骨髄幹細胞と脂肪幹細胞です。これらは骨や軟骨、筋肉や心筋細胞、血管に分化することが知られています。
現在は、主に骨折や骨折癒合不全、脊髄損傷、変性性脊髄症など使用され、近年ネコちゃんの慢性腎疾患への応用も検討されています。


【がん免疫療法】
またもう一つの細胞療法として、がん免疫細胞療法を実施しています。
動物には病気に対して自分で治そうとする免疫力が備わっており、体内にできた癌細胞や体内に侵入した細菌やウイルスを攻撃して死滅させます。この生まれつき備わっている免疫力を高めることで、がんの進行や再発を抑える治療法です。がんの治療は、手術、抗癌剤、放射線の三大療法が主流を占めてきました。

それに続く第四の治療法として、免疫療法が研究され応用されるようになって来ました。

具体的には、ワンちゃんネコちゃんから採血しリンパ球を回収し、体外で培養を行いリンパ球のみを増殖させ体内に戻します。そして、そのリンパ球にがん細胞を攻撃させます。小さながんや全身に広がったがんの進行抑制、切除後のがんの再発予防、生活の質の改善などが期待できます。

ワンちゃん、ネコちゃんの幹細胞療法、免疫細胞療法を受けられるにあたって、その方法、費用、適応症例などについて担当の獣医師からご説明させていただきます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

検査・リハビリセンター・眼科サービス スタッフ募集 担当医表
施設紹介 スタッフ紹介 スタッフ募集 学会発表 白内障について 再生治療について リハビリテーションについて
診療時間