シャンプーのおはなし

我が家に愛犬・愛猫がやってきた!新しく加わったかわいい家族を怖い病気から守る、その手段の一つとしてワクチン接種があります。
ワクチンで予防する病気はどれも、感染すると非常に危険で命に関わる病気です。
また治療が困難であることがほとんどです。ワクチンは、これらの病気を引き起こす微生物の一部の成分や体内に接種しても安全な弱い微生物を体内に投与し、病気から予防する、また仮に感染しても症状がひどくならないようにすることを目的としています。

ワンちゃんのワクチンには狂犬病ワクチンと混合ワクチンの2種類があり、ネコちゃんにも混合ワクチンがあります。当院では、ワンちゃんの混合ワクチンとして5種、7種、8種ワクチンを、ネコちゃんのワクチンとしては、3種、5種ワクチンを選択することが出来ます。
何種の混合ワクチンを接種するかは、獣医師と相談の上、決めて頂ければと思います。

 

☆ワクチンで予防できる病気☆
  1. ■ワンちゃん

 パルボウイルス感染症
 ジステンパーウイルス感染症
 アデノウイルス1型・2型感染症
 パラインフルエンザ感染症
 コロナウイルス感染症
 レプトスピラ病
 狂犬病

  • ■ネコちゃん

 汎白血球減少症(パルボウイルス)
 伝染性鼻気管炎(ヘルペスウイルス)
 カリシウイルス感染症
 白血病ウイルス感染症
 クラミジア感染症


ワンちゃんの混合ワクチンの接種時期は、生後2ヵ月、3ヵ月、4ヵ月目に合計3回接種し、それ以降は年に1回を目安に接種するのが良いでしょう。
狂犬病ワクチンは、初年度の混合ワクチンが全て終えてから1ヵ月後にあたる、生後5ヵ月目に接種することを勧めています。それ以降は年に1回の接種が法律で義務づけられています。
ネコちゃんは、生後2ヵ月、3ヵ月目に合計2回接種し、それ以降は年に1回を目安に追加接種することをおすすめしています。


またワクチン接種は、必ず健康状態の良い時にしましょう。
当院では接種の前に入念な身体検査を実施し、健康状態を確認させて頂きます。人間のワクチンと同様に、動物のワクチンでも副作用がおこる場合があります。
注射後3日間ほどは、元気がなくなる、食欲低下、下痢、嘔吐、じん麻疹や顔が腫れてしまうなどの症状が出る可能性があります。
また、最も怖い副作用としてアナフィラキシーショックがあります。
接種後は、お散歩は控えめにし、なるべく体に負担をかけないよう心掛け、様子をしっかりと観察して下さい。特に、注射部位や口腔内の粘膜部分はよくチェックし、異常があればすぐに病院に来ていただくことが重要です。
人間でも動物でも、病気は治療より予防が大切です。予防できる病気はワクチンを接種し、愛犬・愛猫の健康を守ってあげましょう。

 

(文責 獣医師 上本)