シャンプーのおはなし

フィラリアの予防について

フィラリア症は犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)という寄生虫が蚊によって媒介される病気です。主に肺動脈に寄生し、肺や心臓の機能を障害することで発症します。咳をする、動きたがらない、腹水でおなかが膨らむなどの症状がみられます。また、虫が心臓内に移動して心臓機能を著しく障害し、貧血、血色素尿、虚脱などの症状が急性にみられることもあります。犬だけでなく、猫もフィラリアに感染します。
犬糸状虫の発育には蚊が必要です。フィラリア陽性犬の血を吸った蚊の体内に子虫であるミクロフィラリアが取り込まれ、感染幼虫まで成長します。次に、その蚊が犬の血を吸うと、感染幼虫が犬の体内に侵入し感染が成立します。幼虫は成長しながら肺動脈へ達した後、成虫になりミクロフィラリアを産むようになります。
予防薬は犬の体内に入ってきた幼虫を駆除することでフィラリアを予防します。そのため、1ヶ月に1回の投薬が必要です。予防期間は蚊の活動開始時期の1ヵ月後から活動終了1ヵ月後までで、岸和田周辺では4・5月から12月までです。もしフィラリア感染犬に予防薬を投与した場合、血中のミクロフィラリアが死滅しショック症状が発生することがあるため、シーズンはじめの投薬開始前に、フィラリアに感染していないかどうかを血液抗原検査で調べる必要があります。

ノミの駆除と予防について

 ノミは刺されることによる痒みだけではなく、ノミアレルギー性皮膚炎を引き起こしたり、瓜実条虫の感染を媒介します。また、ヒトも刺されて痒みや湿疹を起こし、猫ひっかき病の原因となる細菌を媒介します。
ノミは春から秋にかけて多くみられますが、温かい室内では一年中生息しています。ノミ成虫は犬猫の体の上で卵を産みますが、卵はすぐに落下し、幼虫、さなぎを経て、再び成虫となって犬猫に飛びつきます。ノミの成虫数は全体のわずか5%で、残りの95%は卵、幼虫、さなぎとして犬猫のベッドやソファ、カーペットなどで生活しています。
そのため、成虫の駆除だけでは効果はなく、部屋の掃除やベッドの交換を行い、卵や幼虫に対して発育阻害効果も持つノミの駆除・予防薬を使用することが大切です。また、岸和田はノミが非常に多い地域です。積極的な予防をおすすめいたします。


マダニの駆除と予防について

 マダニは全ての種が吸血を行い、多数の寄生による貧血を引き起こすだけでなく、溶血性貧血を引き起こすバベシアなどの病原体を媒介します。
ノミとは違って室内ではほとんど繁殖せず、野外、公園や草むらで寄生を受けます。マダニは動物の体を注意深く観察することで比較的容易に見つけることができます。特に犬の耳、胸部、内股部、おしり(肛門)の周りなど、被毛の少ないところに寄生します。
吸血しているマダニを見つけたら、手では取り除かないでください。不用意に胴体部を引き抜くと口の部分が残ってしまい、炎症や化膿を起こすため、病院での除去をおすすめします。定期的に駆除・予防薬を投与し、自然の多い場所へ出かけるときはよく注意しましょう。

 

(文責 獣医師 小川)