シャンプーのおはなし

歯のケアについて

歯周病はすべてのワンちゃん、ネコちゃんが抱える問題です。
 いわゆる虫歯はワンちゃんやネコちゃんでは少なく、歯石による歯周病が非常に多いです。食べたもののかすなどが汚れ(プラーク)となり、口の中のカルシウム分などと結びついて(石灰化)歯石が作られます。  歯石のもとになるプラークの中には細菌がたくさんいるため、歯石は細菌の塊といっても間違いではありません!
 おうちのワンちゃんやネコちゃんのお口は汚れていませんか?歯石がたくさんつくことでいろんな問題が起こります。

 1つめは、歯や歯肉の問題です。歯肉炎を起こしたり、歯が抜けたりします。また歯根膿瘍といわれるような病気になり、歯の根っこが膿んでしまうこともあります。歯肉炎や歯根膿瘍になると口が痛くてご飯を食べられなくなることもあります。
 2つめは、歯の問題だけに留まらず、心臓や腎臓などの内臓に影響を与えることがあります。歯石は細菌の塊ですので、歯石がたくさんついている子は常にその細菌を飲んでしまっているからです。人間でも虫歯が心臓病に発展することが知られていますが、ワンちゃんやネコちゃんでも同様です。

 歯石を予防する方法はとしては、歯ブラシを使っての歯磨き、はみがきガムなどを噛む、歯石予防用のスプレー剤を利用するといった方法があります。そして数年に一度は全身麻酔下でスケーリング(歯石を削る処置)をすることも必要になります。
 歯のケアに関する疑問・質問は当院スタッフにお尋ねください。また、スケーリングのご予約もお気軽にお申し付けください。



(文責 獣医師・田中)