皮膚病の話

皮膚病の話

ワンちゃんネコちゃんの皮膚病には様々な原因があります。皮膚病は痒みや脱毛、湿疹など、見た目にすぐ分かる症状が多いため、気付いたときに早めに来院されることをおすすめします。
特にこれから暖かくなる春から夏にかけては皮膚病の多い季節です。
ワンちゃんネコちゃんは皮膚が毛でおおわれているため、日本の高温多湿の環境では細菌が皮膚表面に増えやすく、痒みや舐めることから皮膚炎をおこしやすくなります。

これを膿皮症といい、体のいたるところに湿疹や赤みが生じ、場合によっては脱毛したりします。細菌以外にもマラセチアと呼ばれるカビに感染した場合、体の臭い、ベタつき、赤み、痒みなどが生じます。


また、春から夏はノミなど寄生虫の繁殖シーズンのため、草むらや山などへ外出された後、体にノミが付着しアレルギー症状を起こすことがあります。
この場合はおなか周りやお尻周りに湿疹ができることが多く、激しい痒みが特徴的です。
疥癬と呼ばれるダニが寄生した場合にも激しい痒みを生じますが、ネコちゃんでは顔周り、ワンちゃんでは耳や目のまわりが脱毛するのが特徴です。
ひどくなると全身が脱毛し、人にも感染することがあるので注意が必要です。脱毛しても痒みがない場合は真菌(カビ)に感染していることがあります。
皮膚糸状菌と呼ばれる真菌は、顔周りの脱毛とフケが特徴的で、この病気も人に感染することがありますので注意が必要です。
痒みが主な症状の場合はアレルギーも考えられます。
ただしアレルギーは上述した寄生虫や微生物の感染を除外してはじめて診断できます。
痒みがあるからすぐにアレルギーというわけではありません。
アレルギーの特徴は1歳から3歳の間に発症し、季節性の痒み、顔、わき、手足の先、耳、おなかなどに赤みや痒みが生じます。

血液検査で詳しく調べることができますのでご相談ください。

高齢になってから出てくる皮膚病もあります。 高齢で体幹部分が脱毛し、痒みがない場合には、内分泌性疾患(ホルモンの病気)が考えられます。
詳しく調べるために血液検査が必要になることが多いです。
内分泌性疾患がある場合、体の免疫力が下がり、皮膚以外にも様々な問題が生じてくることがありますので早めの治療が肝心です。

 



(文責 獣医師・大田)